避妊薬をお得に購入する方法

避妊薬は服用するだけで高い確率で妊娠を防いでくれる効果があります。種類も様々で、通販では病院よりも安く購入する事が可能です。

避妊薬の効果、種類

避妊薬とは

避妊薬とは

避妊薬とは、文字通り妊娠を防ぎ、避妊する為のお薬です。日本では避妊と言えばコンドームが一般的ですが、これは先進国の中では非常に珍しい例で、欧米の女性の間では避妊薬による避妊が一般的です。コンドームはどうしても男性主体となってしまいますし、女性からはなかなか言い出せないという方も多いかもしれません。また、コンドームによる避妊は失敗も多く、20~30%程度は失敗していると言われています。妊娠は当然ながら女性がするものです。望まない妊娠や中絶となってしまったら心にも体にも傷を負うのは女性で、一生を左右する事にもなってしまいます。後悔しない為にも、避妊薬を利用した女性が主体となった避妊が望ましいです。

避妊薬の効果

避妊薬は服用するだけで受精卵を着床しにくくし、ほぼ100%近い高い確率で妊娠を防ぐ効果があります。以前は副作用が強く、体に負担がかかったり太りやすくなると言われていましたが、最近の避妊薬は改良されていて、そのような心配は殆どありません。

避妊薬の種類

避妊薬の種類

避妊薬は大きく分けて2種類あります。避妊に失敗したり性犯罪に遭ってしまった場合に事後に服用する事で妊娠するのを防ぐアフターピルと、毎日同じ時間に服用するだけでほぼ100%の避妊効果を得られる低用量ピルです。

アフターピル

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれます。事後72時間以内に服用するのが推奨されていて、12時間以内に服用すれば95%避妊ができるとされています。避妊に失敗してしまった事に翌朝気付いて服用する事が多いことため、「モーニングアフターピル」とも呼ばれます。早く飲むほど効果が高いお薬です。

アフターピルにはノルレボ錠とヤッペ法の2種類があります。ヤッペ法は副作用も強く、2回飲む必要がある事から飲み忘れてしまって効果を得られない場合があるなどのデメリットがあり、現在はノルレボ錠が主流となっています。

アフターピル

ノルレボ錠は病院で処方してもらうと保険が適用されない為高額になり、10000円~16000円もします。安く購入したい方にお勧めなのがノルレボ錠のジェネリックのアイピルです。効果や副作用、有効成分などは同じですが、1000円程度で購入する事ができます。世界的に最も売れているアフターピルです。ただし日本では販売されていないので、購入するには通販を利用しましょう。

低用量ピル

低用量ピル

OC(OralContraceptives)とも呼ばれる低用量ピルは、毎日正しく服用するだけでほぼ100%の避妊効果があります。大切なのは毎日ほぼ同じ時間に忘れずに服用するというだけです。また、ピルの種類によっては錠剤が異なっているため、服用する順番を守るように気をつける必要があるものあります。

低用量ピルには排卵を抑制し、受精卵を着床し難くし、精子を子宮に入り難くする働きがあります。これにより服用するだけで妊娠を防ぐ事ができます。また、妊娠したいと思った時には服用を中止すれば2、3ヵ月で妊娠が可能になるとされています。低用量ピルを服用する事で卵巣を休ませる効果があるので、いざ妊娠したいと思った時に、妊娠しやすい体になり、35歳以上の高齢出産でもピルを服用していない女性に比べて出産率が高かったというデータもあります。意外に思われるかもしれませんが、低用量ピルは不妊治療に処方されるケースもあるほどなのです。

また、避妊以外にも女性にとって様々な嬉しい効果があり、生理痛の緩和、生理不順を整える、ニキビ改善、美肌になる、卵巣がんなどの女性特有のがんの予防、多毛症の改善、リウマチの予防、多毛症の改善、骨粗鬆症になりにくくなるなどがあります。また更年期障害の治療に用いられる事もあります。特に人気のある低用量ピルはトリキュラーとマーベロンです。

トリキュラー
トリキュラー

トリキュラーは体への負担が少なく、初心者向けのピルとされています。ホルモン量が3段階に変化するため錠剤は3種類にわかれています。そのため飲み間違いに注意する必要がありますが、自然に最も近いホルモン変化になると言われていて、不正出血などの副作用も少ないとされています。日本でも大変人気の低用量ピルです。

マーベロン
マーベロン

マーベロンは生理周期の調整などによく利用されます。日本で最も処方される機会の多いピルで、副作用も少ないことから多くの女性に愛用されています。また、ニキビの改善薬として処方されるケースも多いようです。マーベロンは配合されているホルモン量が同じため、すべて同じ錠剤となります。そのため、飲み間違いなどの心配が少ないピルです。

避妊薬の購入方法

避妊薬の購入方法

避妊薬は医療医薬品なので市販されていません。薬局などでは販売されていないので病院で処方してもらうしかないのですが、女性であっても、病気でもないのに産婦人科に行くのは抵抗があるという方が多いかもしれません。低用量ピルは毎日服用する薬ですから定期的に通院する必要がありますし、アフターピルは欲しい時に休診である可能性もあり、中にはよけいな詮索をしてきたり説教をしてくる医師もいるそうです。病院に行くだけで時間もかかりますし、避妊薬は日本では保険適用外なので費用もかかってしまいます。特にアフターピルは15000円前後と大変高額です。

避妊薬の購入は通販がお得

費用も時間も節約して簡単に避妊薬を購入したい、そんな方にお勧めなのが通販を利用して購入する方法です。正確に言うと個人輸入代行業者を利用して購入するという事になります。ノルレボ錠のジェネリックのアイピルなどは日本では購入できない海外の薬です。購入するには個人輸入をするしかありませんが、言語や複雑な手続きなどから一般人には難易度が高すぎる方法です。そんな面倒な手続きなどを全て代行してくれる業者になります。

難しい事はなく、一般的な通販のサイトと同様、商品を選び、配送先の住所などを選んで決済するだけで済みます。自宅まで届けてくれますし、家族に知られたくないという方は郵便局留めも利用できる場合が多いようです。誰にも会わずにいつでもどこでも簡単に購入する事ができます。アフターピルだけでなく低用量ピルも病院よりも安く購入できる事がほとんどで診察代もかかりません。

送料は1000円前後ですが、それ以外には基本的には手数料などはかかりませんし、まとめて購入すればさらに安くなったり、購入金額に応じてポイントが付与され、次回以降値引きになる場合もあります。ただし到着までには10日前後かかります。アフターピルの場合は必要になった時に購入するのでは間に合いませんので、なにかあった時のために、通販であらかじめ安く購入しておく事が大切です。女性なら万が一に備えて常備しておきましょう。

避妊薬を通販で購入する際の注意点

避妊薬を通販で購入

このようなサイトから薬を購入するのは違法なのでは、と不安な方もいらっしゃるかもしれませんが、自分で服用する分を購入するのは違法ではありません。つまり、他人に譲渡したり転売するのは禁止されているという事ですので気をつけましょう。また、なかには偽物を販売している悪質なサイトもあります。

効果がないだけならまだしも、重篤な健康被害があったというケースもあります。このようなサイトから購入した薬の服用はすべて自己責任となります。他のサイトと比較して極端に安い、クレジット決済ができない、電話での対応をしていない、悪い評判が多いなどのサイトは怪しいサイトである確率が非常に高いので気をつけるようにしましょう。問い合わせに親切に対応してくれ、100%正規品で法律を順守しているサイトを選ぶ事が大切です。信頼できるサイトであれば次回以降はまた同じサイトを利用すればいいので、最初だけはしっかり確認をするようにしましょう。

トリキュラーの通販